google-site-verification: googlea31f2670a1b94b55.html

メルカリ初挑戦!〜失敗〜

2020年10月7日

アラフォー兼業主婦のミケネコです。

3歳と6歳の男の子がいます。

以前、使わなくなった子供用品をリサイクルショップに売りに行った記事を掲載しました。

リサイクルショップは、買取価格が安くて・・・

どうせ捨てる物だし、そもそも捨てるのにお金がかかる物だってあると思い、安くても売れれば良いと思っていました。

しかし、少しでも手元にお金が欲しい!と思い、メルカリに初挑戦してみました!

ダウンロード&登録

メルカリを使うのは初めてですので、スマホにアプリをダウンロードし、個人情報を登録します。

メルカリ関係の書籍はたくさんあり、本屋で見比べて安くて初心者向けの『メルカリ売り方の教科書』(499円+税)を購入しました。

ダウンロード方法なども記載されついましたが、特に参考にしなくても難しくなく登録までできました。

梱包に必要なもの

リサイクルショップと違って手間がかかるしわかりづらいのが、梱包だと思います。

ミケネコも梱包がネックでメルカリを敬遠していました。

今回は、100円ショップで梱包用品を5点購入しました。

・封筒(A4サイズ)

・透明なビニール袋

・マスキングテープ

・メッセージシール

・厚さ測定定規

メルカリ関係の書籍には、厚さ測定定規が付録のものもありましたが、100円ショップで購入できました。

商品によっては、プチプチやサイズ違いの封筒が必要になりそうです。

出品

アプリを起動すると下の方に『出品』というボタンがあり、簡単に出品できました。

1『出品』

2『写真を撮る』写真撮影

3『商品の説明』写真撮影すると自動で表示されたり、プルダウンから選択できたりします

4『商品名と説明』寸法や状態などを入力します

5『配送について』プルダウンから選択しますが、未定でも大丈夫です

6『販売価格』相場の販売価格が表示されますが、好きな価格を設定できます

失敗

なんと、初出品は赤字という大失敗をしてしまいました。

ブランドショップの空箱を600円で出品したところ、値引き交渉があり400円で売買が成立しました。

すぐに配送準備にとりかかったところ、商品の厚みが4cmだったため、定額のネコポスやゆうパケットを利用できませんでした。

ゆうパケットプラスを使用した収支は以下の通りです。

販売価格:400円

販売手数料:40円(10%)

専用の箱代:65円

配送料:375円

支出合計:480円

赤字:80円

箱代は現金で支払いしましたが、送料は売り上げから引かれます。

送料も現金払いだと思っていたので、とりあえず売れたら赤字(自腹切る)でも良い考えたのですが・・・

ダメじゃん!!!

・・・メルカリへ、足りない分を他の販売益と相殺できないか問い合わせています・・・

レジで配送手続きして料金を支払う気満々でした。

実際には、ローソンに行き、ロッピーにQRコードをかざすと、スマリを利用するように表示され、スマリって何!?となり、やっとスマリにたどり着いてQRコードをかざしたら住所などが記載されたシールが発行されて、荷物に貼って投函するように表示され・・・いつ料金を支払うの?と困惑し、ネットで検索して販売益から引かれるとわかった次第です。

最後に

しっかりと調べずに始めてしまい、失敗してしまいました。

今はメルカリからの返信を待っています。

断捨離とお小遣いのために続けたいと思っていますが、ネットで検索するとペナルティーがあるとも・・・

匿名が良かったので、ゆうパケットプラスにしたのですが、普通郵便(規格外)なら現金払いなので、そちらにすれば良かったです。

問題が解決されたら、今後は失敗しないように気をつけたいです。

後日談・・・メルカリから返信がありました。

なんと、今回は不足分をメルカリが負担してくれるそうです!

配送方法や送料など参考になるページのURLも記載されていました。

次回は気を付けます・・・